治療中.jpeg

​診療案内

​診療科目

​診療科目

手に包帯
スラッシュ

整形外科

手足の怪我(骨折・捻挫・脱臼・肉離れ・腱損傷など)や肩こり、五十肩、腰痛、ぎっくり腰、骨粗鬆症、手足の痺れや痛み、坐骨神経痛、膝や股関節などの関節痛全般、スポーツ障害(テニス・サッカー・野球・ゴルフ等の関節痛)などの痛みや痺れ等の治療を行なっています。

​気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E5%
スラッシュ

​リハビリテーション科

怪我や病気による手足の麻痺や運動機能障害(関節の動きが鈍い、筋力が落ちた等)のある方に対して、痛みの除去・機能回復を目指します。

​温熱治療や低周波治療などの機器などで痛みを和らげる物理療法、ストレッチや筋力訓練を行う運動療法を各種組み合わせて行います。

​診療科目

手のけが
​ケガ全般

骨折、打撲、捻挫、切り傷、刺し傷、火傷

ぎっくり腰
脊椎・関節疾患

腰痛、坐骨神経痛、肩こり、寝違え、むち打ち症、膝痛、肘痛

炎症性疾患

​腱鞘炎、関節炎、バネ指

スポーツ障害

半月板損傷、野球肘、テニス肘、膝靭帯損傷

ウォーキング

骨粗鬆症

骨の密度が下がり、骨がもろくなる病気です。

骨粗鬆症は、カルシウム摂取不足、運動不足、喫煙、過度の飲酒などによる明らかな基礎疾患がないものを原発性骨粗鬆症と呼びます。これには女性ホルモンの低下によって起こる閉経後骨粗鬆症と、加齢に伴って起こる老人性骨粗鬆症とがあります。

​治療は、栄養を補う薬物療法、食事療法と、筋力をつけバランス感覚を養う運動療法を組み合わせて行います。

%E8%A8%BA%E5%AF%9F%E5%AE%A4_edited.jpg

​骨密度測定検査

骨粗鬆症の診断のため、骨密度を測定します。

検査時間は腰かけた状態で2分ほどです。

骨粗鬆症は痛みを感じることなく進行します。

そのため、定期的に骨密度の測定を行うことをお勧めします。

診断

セカンドオピニオン

当院ではセカンドオピニオン外来にも対応いたします。

当院以外の診断内容や治療法に関して専門家の意見・判断を提供いたします。

​対象は原則患者様ご本人となります。